早漏

包茎で悩む一つの項目で、「早漏」というものがあります。
人によっては、「包茎イコール早漏」と思っている人も少なくはないはずです。
そもそもこの「早漏」とはどういったことなのでしょうか。
知らない人のためにも簡単に述べてみましょう。


男性が、自分が思っていないところで早く射精してしまうことや、パートナーが性的に満足する前に男性が射精をしてしまうことをいいます。
女性の方でも思い当たる節があるかもしれません。
この「早漏」とは、一般的に考えられる原因は、男性のペニスが、性的刺激に対して過敏になっていることで、この「早漏」という現象が生じてきてしまうといわれています。
包茎のペニスは、普段から包皮に覆われているため、亀頭が多少湿った状態でいることが多いです。
逆に非包茎の亀頭は乾燥しているといえます。
この湿った状態の亀頭が、性的刺激に敏感になるということなのです。
言い換えれば、長時間お湯などに浸かった手などと一緒です。
この手は、確実にふやけてきます。


通常の手の皮膚よりも、確実にふやけた手の皮膚の方が破れやすくなります。
このようなことと同じようなことなのです。


このように通常、包皮に覆われている仮性包茎の人は、亀頭部が比較的、刺激に弱くなるので「早漏」になりやすいといわれています。
予防策としては、免役をつけることが一番になってきます。
お風呂やトイレなどでは、包皮を剥いて亀頭出すようにするとか、それ以外でも、気が付けば包皮を剥くということを心がければ、多少は改善されるかもしれません。

Copyright © 2014 包茎での性の悩み All Rights Reserved.